Top

保育士をしながら、夫と二人、まったりと過ごす日々のコトを気ままに綴っています。 
by rei-1127
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
information
+ リンクフリーです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ





■もうひとつのブログ。

オキニイリ。

お気に入りのモノのことを
ときどき綴っています。

■excite以外のLINK

おうちnote
十二月ノソラ

■sozai

mattarihonpo
フォロー中のブログ
petit panier...
オキニイリ。
jaja日記
sakura暮らし
カテゴリ
みなさんへ
日々のこと
cafe
zakka
food
てづくり
うちごはん
そとごはん
おでかけ
おかいもの
風景

cosmetic
おくりもの
gallery
姪っ子

おみやげ
学童保育
本 ・ 映画
photo
思うこと
イベント
マリンバ


hibi

以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
ライフログ
検索
タグ
(12)
(11)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"poppies" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:旅( 120 )
Top▲
軽井沢の旅。その5.@信濃追分文化磁場油や
追分コロニーのすぐ横の信濃追分文化磁場油やへ。




b0157216_21081452.jpg

古い旅館の建物を活かしたアートスペースで、
古書店や器のお店、ギャラリーなど10店舗ほど入居していて、
年ごとに入れ替わるようです。
信濃追分エリアの文化発信スポットとなっているそう。



b0157216_21192742.jpg




b0157216_21220832.jpg




b0157216_21212920.jpg

ここでもわたしはひと通りさらさらっと見て、




b0157216_21243441.jpg

しばらく戻ってこない夫をストーブにあたりながら
じっと待ちました。。
(雨の軽井沢はとても寒くて早くもストーブがついていました)


結局待ちくたびれて夫を探しに行くと、



b0157216_21230301.jpg
一番奥の古本のコーナーにいました。
まだまだ見足りなかったよう。。


毎回このパターン。。(^^;




b0157216_21293349.jpg

かつて応接室だったカフェ。

2Fでは素泊まりの宿泊も出来るそうです。


趣のある雰囲気の良い建物で、楽しめました。



+ + +



中のギャラリーで、展示販売していた『苔テラリウム』を買ってきました。



b0157216_21471340.jpg

ちいさな瓶に、軽井沢で採取した苔が入っていて、
真ん中に立っているのはイチイの実生です。
大切に育てれば何年も一緒に過ごすことが出来るそうなので楽しみ。



+ + +


油やを出た後、向かいのお蕎麦屋さん『ささくら』へ。



b0157216_22340074.jpg



b0157216_22370465.jpg
とても美味しいお蕎麦で大満足♡












Top▲ by rei-1127 | 2018-09-19 22:12 |
軽井沢の旅。その4.@追分コロニー
麦小舎を出た後、追分へ。
『軽井沢・雨でも楽しめる』と検索したら、追分が出てきたので行ってみることに。



b0157216_21343375.jpg
途中、道路沿いにあった『やさい畑』というお店へ寄りました。





b0157216_21362809.jpg
びっくりするほど野菜が安い! しかも採れたて!
キャベツ、そうめん瓜、きゅうり(4本)各100円、
トマト(7個)400円、白菜200円を買いました。
締めて900円也~
帰ってから早速頂きましたが、どれも美味しい!
特にトマトの甘さに感動♡


+ + +


連休初日で軽井沢に到着した人達で大渋滞している反対車線を横目に見ながら、
すいすいと追分に到着。

b0157216_21462269.jpg
初追分!
江戸時代に宿場町として栄えたところで、
今もその面影が残っています。

軽井沢の土地勘が全然ないので、もっと遠いところかと思ったら
中軽井沢からすぐでした。

公営無料駐車場に車をとめてそこからぷらぷら。
まずは古書店『追分コロニー』へ。


b0157216_22004176.jpg





b0157216_22025188.jpg





b0157216_22050213.jpg





b0157216_22043277.jpg





b0157216_22053140.jpg
意外に広い店内に、あらゆるジャンルの古本がびっしり。
見甲斐がありました。

ひと通りさらさらっと見て夫を探すと、まだ入口辺りから進んでいなかった。笑




b0157216_22132905.jpg



Top▲ by rei-1127 | 2018-09-18 22:35 |
軽井沢の旅。その3.@麦小舎
二日目は朝から雨。。。

まあ2日とも雨のつもりでいたので、きのう晴れただけでもラッキーでした。

ホテルを出た後、まず向かったのは麦小舎
3年前に訪れてとても良かったので
今回もここには絶対行きたい!と楽しみにしていました。



b0157216_17033006.jpg



b0157216_17172921.jpg



b0157216_17055779.jpg
10時openで、10時過ぎに伺ったので一番乗り。
前回と同じくソファの席へ。
他にお客さんがいらっしゃらなかったので、
お断りして写真もたくさん撮らせて頂きました。



b0157216_17080277.jpg



b0157216_17102676.jpg
ちいさな部屋の壁一面に、店主さんが集めた本がびっしり。




b0157216_17151525.jpg




b0157216_17124528.jpg
しとしと降る雨音を聴きながら、本を読む至福の時間。




b0157216_17160689.jpg




b0157216_17194028.jpg




b0157216_17231516.jpg




b0157216_17235000.jpg
ポッケにひと粒いただきました。





b0157216_17244291.jpg




b0157216_17254408.jpg
きたかる

北軽井沢の文化と歴史・風土、人々の生活を発信するフリーマガジンです。
3年前、浅間牧場に置いてあった『きたかる』をたまたま手にし、
その中に紹介されていたのが麦小舎でした。

麦小舎に出会わせてくれた『きたかる』に感謝です。
北軽の魅力満載で、バックナンバーも頂いてきました。




b0157216_17372806.jpg




b0157216_17375318.jpg




b0157216_17393469.jpg
軽井沢ではひと足早くコスモスがそこら中で咲いていて、
麦小舎の入口にもたくさん。








Top▲ by rei-1127 | 2018-09-17 18:51 |
軽井沢の旅。その2.@ハルニレテラス
ハルニレテラスへ。


b0157216_23175950.jpg




b0157216_10085300.jpg
雨の予報だったけど、青空が!




b0157216_23201571.jpg





b0157216_23210455.jpg
中に入っているお店は3年前とほとんど変わらず。





b0157216_23225095.jpg
敷地内を散策。





b0157216_23245005.jpg





b0157216_23261358.jpg





b0157216_23274441.jpg
少し秋の色、秋の匂い。。





b0157216_23291290.jpg





この後、宿へ。
前回と同じ、グリーンプラザ軽井沢

決して気に入っているわけではなく(笑)、料金優先で。
典型的ファミリー向けの大型ホテルで、特筆することはなにもなく。
夕食のバイキングはまあまあだったかな。
軽井沢にもお気に入りの常宿を見つけなくてはなー、
と改めて思ったのでした。





Top▲ by rei-1127 | 2018-09-16 23:34 |
軽井沢の旅。その1.@Sajiro
金、土と、3年ぶりに軽井沢へ。
この旅行を楽しみに、一年で最もキツイ夏をなんとか乗り切りました。。


10時頃出てお昼に到着。
意外に近いのです。

最初に向かったのはSajiro


b0157216_22011359.jpg



b0157216_22085964.jpg




b0157216_22113298.jpg
いつもの席へ。




b0157216_22111452.jpg



b0157216_22121409.jpg



b0157216_22125099.jpg
2種類のカレーがチョイスできるコースで、
二人ともチキンとベジタブルに。
わたしはターメリックライス、夫はナンで。
夫にはナンが甘過ぎたよう。


b0157216_22151260.jpg
サラダとドリンク付きで1600円。


食後は、お隣のAtelier Sajiroへ。
アンティークの雑貨などを扱っています。



b0157216_22252418.jpg




b0157216_22264968.jpg




b0157216_22271980.jpg




b0157216_22245217.jpg


Sajiroは2台分しか駐車場がなく、それでもいつもはとめられていたのだけど、
この日はいっぱいで近くの有料駐車場(一日500円)を利用。
なので、せっかくだからと近くの旧軽銀座をぷらぷら散策。

平日だけど3連休前だったからか結構な人出で、
有名店はどこも混雑していました。
昔は混んでいるお店ほどわくわくして入ったものだけど、
今はとても入る気にならず、横目で見ながら通り過ぎるわたし達。。。











Top▲ by rei-1127 | 2018-09-16 22:58 |
鬼平江戸処 羽生PA
那須の旅の帰りに必ず寄る、鬼平江戸処 羽生PA


b0157216_22383556.jpg
江戸の街並みを忠実に再現しているそう。
なぜ、羽生で江戸なのか、鬼平なのか、詳しくはHPに書かれています。



b0157216_22395103.jpg



b0157216_22412038.jpg
行くと必ず食べる、文楽焼本舗のお好みたい焼き 220yen

名前の通り、あんこの代わりにお好み焼きの具が入っています。
コレ、ホント美味しくて大好き!




b0157216_22422183.jpg
建物の中はお土産屋さんや、食事処が並んでいます。
天井は空をイメージした照明で、15分ごとに昼夜が入れ変わり、
青空になったり夕空になったり。



b0157216_22432173.jpg
セットとわかっていても、
タイムスリップしたような不思議な気持ちになるPAです。






.





Top▲ by rei-1127 | 2018-08-07 23:18 |
那須の旅 その5
今回も宿泊はroundでした。


b0157216_14224748.jpg




b0157216_14195905.jpg
森の中に光、土、風をテーマにデザインされたコテージが点在していて、
今回は『土』でした。



b0157216_14252674.jpg
『土』には大きな掘り炬燵があります。
東京を出た時は30度を超える暑さだったので、
炬燵なんて考えられなかったけれど、
この時はまだ梅雨明け前で那須の夜は意外に寒く、
炬燵の温かさが有難かった!




b0157216_14300294.jpg
寝室からリビングを見たところ。




b0157216_14310423.jpg
どの窓からも木々が見えます。



b0157216_14330685.jpg
食事は敷地内のレストランへ。

お風呂もレストランも、広い敷地内にあり、コテージからは外を少し歩きます。
森の中を歩くので気持ち良いのですが、
大雨の日や、年配の方にとっては移動が少し大変かもしれません。



b0157216_14342967.jpg
一日目は和食




b0157216_14345932.jpg
二日目は洋食




b0157216_14361243.jpg
いつもはこの時期、たいがいわたし達しかいなくて貸切状態なのですが、
今回は年配のおばさま方のグループがいらっしゃって、
わたし達を見て「新婚さん?」と言ってくださいました。(^^;

いや、もう20年ですー、ともごもご。
立派な中高年夫婦ですが、
母より上(と思われる)大先輩のおばさま方からしたら、
20年なんてまだまだひよっこ夫婦に見えるのかも??







Top▲ by rei-1127 | 2018-08-05 21:16 |
那須の旅 その4
b0157216_13131557.jpg
那須の旅、3日目。

木の俣園地を散策した後、あちこちお店に寄りながら、
お昼は『ごはんや麦(ばく)』へ。


b0157216_13150884.jpg
前にも行ったことのある、定食のお店です。




b0157216_13161029.jpg



b0157216_13221677.jpg
とろろのうどんセットを頂きました。

つるつるとのどごしの良いうどん。
看板メニューのとろろはもちろんのこと、
箸休めの小鉢も美味しくて大満足。
地元のお母さんたち(多分)が切り盛りしている
味も、雰囲気も家庭的なお店です。



+ + +



再び、黒磯に寄ってぷらぷら見た後、
最後に向かったのは Franklin’s cafe

那須で入手したフリーペーパーに載っているのをたまたま見て、
行ってみることに。

b0157216_13323260.jpg
市街地からは少し離れていて、
田園風景を眺めながら、更にどんどん奥に入って行くと、、、




b0157216_13332609.jpg
森を抜けたところにありました。



b0157216_14042394.jpg



b0157216_14045491.jpg




b0157216_14051961.jpg




b0157216_14062242.jpg
静かな、まさに隠れ家的cafeでした。









Top▲ by rei-1127 | 2018-08-04 21:47 |
那須の旅 その3
黒磯の街を楽しんだ帰り、
陽が射してきたので、お気に入りの木の俣川へ。



b0157216_21411767.jpg
この美しいブルーは、晴れていないと見られないのです。
わたしが知っている限り、最も美しい川。




b0157216_22483807.jpg



b0157216_22000377.jpg



+ + +



翌朝も再び。。



b0157216_21450541.jpg




b0157216_21455690.jpg




b0157216_22013457.jpg
きのう夫が立てた石はそのまま残っていました。
かわいいお客さんも♡
(夫が捕まえて乗せたのだけど)


その後、少し先の木の俣園地駐車場から行ける、
『巨岩吊橋』まで歩いてみました。



b0157216_21494704.jpg
すごくいい天気!
まだ梅雨なのに、夏みたいな空!と不思議に思っていたら、
まさにこの日、梅雨が明けたことを後で知ったのでした。



b0157216_21505228.jpg




b0157216_21520030.jpg
ここまで700m10分ほど。

吊橋を渡って、対岸側にも遊歩道があり、
元の駐車場に戻って来られます。



b0157216_22153627.jpg




b0157216_21560098.jpg





b0157216_21564842.jpg




b0157216_21584092.jpg

とても気持ちの良い遊歩道でした。
この時は誰もいなくて静かでしたが、
今の時期は、人でいっぱいなのかなー。








Top▲ by rei-1127 | 2018-08-01 22:56 |
那須の旅 その2 
那須の旅、二日目。

朝からあまりいいお天気ではなかったので
黒磯へ。

SHOZO系列のお店が並ぶ通りをぷらぷら。


b0157216_14090469.jpg
アンティークのお店、ROOMS




b0157216_14101352.jpg



b0157216_14111173.jpg
向かいの、LUNETTES+山の道具屋




b0157216_14145892.jpg
雑貨のお店 SOMA JAPON



b0157216_14151768.jpg



b0157216_14154781.jpg



b0157216_14171023.jpg



b0157216_14184264.jpg
お隣の2Fは古本屋さん HOOKBOOK



b0157216_14193787.jpg
ターコイズブルーの壁の入口から
わくわくして入りましたが、、、
この日は残念ながら臨時休業でした(T_T)



b0157216_14203031.jpg
cafe横の無人のちいさな古本屋さんは開いていました。



b0157216_14212412.jpg



b0157216_14220873.jpg
大好きな片山健さんの本を買いました。




b0157216_14225916.jpg
1988 CAFE SHOZO



b0157216_14233373.jpg



b0157216_14235215.jpg
トーストセットを頂きました。
シンプルだけど、厚切りのパンがカリッ ふわっ
とっても美味しいのです!



b0157216_14243795.jpg
1988年にopenし、今年でちょうど30年目。
お店の前にはお祝いの大きな花輪が飾ってありました。
いつ来ても、気持ちの良いお店。



b0157216_14515985.jpg
お隣の04STOREへ。



b0157216_14253271.jpg



b0157216_14320976.jpg


b0157216_14132483.jpg



b0157216_14174862.jpg



b0157216_14381637.jpg



b0157216_14420623.jpg

更に奥にはchimaruというお惣菜やさんがopenしていました。




b0157216_14261569.jpg



どこを切り取ってもSHOZOさんのセンスが溢れていて、
思わずカメラを向けてしまうので写真がたくさん。
これでもだいぶ絞ったのですが。。(^^;

わずか100mほどの短い通りですが、
行ったり来たり、一日楽しめます。






Top▲ by rei-1127 | 2018-07-06 16:42 |
| ページトップ |