Top

保育士をしながら、夫と二人、まったりと過ごす日々のコトを気ままに綴っています。 
by rei-1127
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
information
+ リンクフリーです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ





■もうひとつのブログ。

オキニイリ。

お気に入りのモノのことを
ときどき綴っています。

■excite以外のLINK

おうちnote
十二月ノソラ

■sozai

mattarihonpo
フォロー中のブログ
petit panier...
オキニイリ。
jaja日記
sakura暮らし
カテゴリ
みなさんへ
日々のこと
cafe
zakka
food
てづくり
うちごはん
そとごはん
おでかけ
おかいもの
風景

cosmetic
おくりもの
gallery
姪っ子

おみやげ
学童保育
本 ・ 映画
photo
思うこと
イベント
マリンバ


hibi

以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
ライフログ
検索
タグ
(15)
(11)
(11)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"poppies" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:旅( 135 )
Top▲
沖縄の旅。 その10 @津堅島 ③
ホートゥガーを見た後、
前回も訪れた、にんじんの形の展望台へ。


b0157216_16373623.jpg
シュールな佇まい。笑




b0157216_16392456.jpg



b0157216_16424073.jpg
にんじんからの眺め。





b0157216_16433188.jpg
にんじん展望台を出た後は、あてもなく自転車を漕ぎました。
なにしろ、時間はたっぷり。




b0157216_16452879.jpg



b0157216_16470226.jpg
にんじんの葉っぱがわさわさ~





b0157216_16540807.jpg
途中、隙間の道を恐る恐る入っていくと海に出ました。




b0157216_16580233.jpg
アギ浜かな?




b0157216_17045865.jpg
この浜にはこんな形△の貝がらがたくさんあったので
集めてみました。
後で漁師さんが見てびっくりしたかな?^^




b0157216_22164934.jpg
夫は石立て。笑



そんなこんなして遊んでいるうちに、
まだまだだと思っていたフェリーの時間が近づいてきて、自転車を返却。



b0157216_17065124.jpg




b0157216_22164804.jpg
夫は、前回も飲んだ島の特産『津堅にんじんサイダー』をぐびぐび。
わたしは飲んだことないけど、美味しいらしいです。
楽天でも売ってた! 買わないけど。笑




b0157216_17083678.jpg



b0157216_17090861.jpg
キャロット愛ランドマリンターミナル




b0157216_17101522.jpg
17時半発の高速船で津堅島を後にしました。

やっぱり津堅島が好きだーー♡








Top▲ by rei-1127 | 2019-01-13 22:23 |
沖縄の旅。 その9 @津堅島 ②
食堂みやらびを出て、再び自転車を漕ぎました。


b0157216_13372232.jpg
☁の塀が可愛い♡




b0157216_13390203.jpg
港を見ながら坂道を上ります。




b0157216_13402122.jpg




b0157216_13410133.jpg
津堅小中学校
幼・小・中の併置校だそう。
人口500人の島で子ども達はどれくらいいるのかなー



b0157216_13492555.jpg
にんじんベンチ発見♪
ここに自転車を止めて、津堅島屈指?の観光名所であるホートゥガーへ。


b0157216_13592430.jpg
ホートゥガーとは、、
『ホートゥとは鳩のことで、ガーは泉のことを云う。
昔、津堅島が日照り続きの時に、鳩がこの場所で羽を濡らしていたのを見つけ、
その場所を掘ってみると水が湧き出したという話しがあり、
鳩が見つけたという伝説から ホートゥガー ( 鳩の泉 ) と名付けられた泉である。
長い間島の人々の大切な飲料水として利用されてきた。』 のだそう。




b0157216_14020464.jpg
階段を降りて行ったところに『ホートゥガー』があります。




b0157216_14242992.jpg
↑ 肝心のホートゥガーの写真を撮っていなかったので、画像お借りしました。




b0157216_14115344.jpg
とっても綺麗な海。
ホートゥガー海岸と呼ばれているそう。
遠くにはうっすらと沖縄本島が見えます。
階段に座ってしばし海を眺めていました。





b0157216_14175690.jpg






津堅島、もう少し続きます。。











Top▲ by rei-1127 | 2019-01-12 17:26 |
沖縄の旅。 その8 @津堅島 ①
忘れた頃に、沖縄の旅の続きを。。

3日目(11月30日)。

前回行って、とても良かった『津堅島』へ、再び。
ホテルから車で30分程の平敷屋港から11:00発のフェリーに乗って行きました。



b0157216_21215026.jpg




b0157216_21501757.jpg



b0157216_21252246.jpg
前回も可愛いと思ったトリコロール色の椅子をパチリ。
乗客はわたし達だけでした。




b0157216_21520564.jpg
30分で到着。


b0157216_21530824.jpg



b0157216_21552443.jpg
前回と同じく、港からすぐのあずま商店で自転車を借りました。
(一日500円)




b0157216_21574238.jpg
そして前回と同じく、最初に向かったのはトゥマイ浜ビーチ。



b0157216_22021052.jpg





b0157216_22010504.jpg




b0157216_22042897.jpg




b0157216_22050258.jpg




b0157216_22071034.jpg




b0157216_22082791.jpg



b0157216_22092841.jpg
屋根の上ににんじん。



b0157216_22135973.jpg
案内板もにんじん。

津堅島は島の2/3がにんじん畑で、キャロットアイランドの愛称があります。


トゥマイ浜を出て、ヤジリ浜へ。

b0157216_22161313.jpg




b0157216_22182928.jpg




b0157216_22194472.jpg




b0157216_22203967.jpg
ここもすごく綺麗な海。
向かいに見えるのはアフ岩という無人島です。


再び自転車を漕いで、お昼を食べに食堂へ。


b0157216_22333331.jpg
にんじん畑がいっぱい。




b0157216_22342158.jpg
暖かくても、秋の風景です。



b0157216_22381335.jpg
食堂『みやらび』に到着。
島にはほとんど食べるところがなく、かなり貴重な食堂です。
閉店時間の14時を少し過ぎていたのに、快く入れて頂きました。



b0157216_22402669.jpg



b0157216_22390737.jpg
どれもワンコイン。


b0157216_22421774.jpg
わたしは沖縄そば、夫は生姜焼き定食。
美味しかった!



b0157216_22434405.jpg
お昼時は、島の方たちで賑わっているようです。
居心地の良い食堂でした。


食堂を出たのは14時半ころ。
15時の便のフェリーで帰る予定でしたが、慌ただしいので、
その次の17時半で帰ることに。
ちいさな島なのであと3時間も見るところあるかなーと思いながら、
急遽iPhoneで見所を調べて、再び自転車を漕ぎました。
便利な時代になったもんだなー


長くなったので続きは次回に。。










Top▲ by rei-1127 | 2019-01-11 23:31 |
沖縄の旅。 その6 @辺戸岬
大石林山を出た後、そこから10分ほどの辺戸岬へ。
沖縄本島の最北端です。

b0157216_22561255.jpg




b0157216_22563569.jpg




b0157216_22575908.jpg
アジア系のカップルが写真撮影。
モデル役の彼がずっとポーズをとっている横を、
わたしはごつごつした隆起サンゴの上をよろよろと移動。
(歩きづらくてホントに怖いのです。。)
「早く行けよーーー」という彼女の視線が怖かった。。(-_-;)
振り返ったらまだポーズ中でした。↑ 笑



b0157216_09184223.jpg




b0157216_23122119.jpg
ここに初めて来たのは、沖縄に一時住んでいた友を訪ねた20数年前でした。
この間遊びに来た友です。

2回目は20年ほど前に夫と。
そして今回で3回目、すごくひさしぶりです。


b0157216_23190385.jpg
もっと晴れていればとても深いグリーンの海が見える場所なのですが、
この日は見られず残念。


b0157216_23471751.jpg
以前来た時はまさにこんな色でした。 
※ ↑ 写真お借りしました。



b0157216_23214695.jpg
この後行く予定のcafeに電話したら、ランチは終わっているとのことだったので、
辺戸岬にあるレストハウス、こうようパーラーでおにぎりを買い、
車の中で食べながら、cafeへ向かいました。

沖縄風のおにぎりで美味しかった。






Top▲ by rei-1127 | 2018-12-18 23:56 |
沖縄の旅。 その5 @大石林山
二日目、大石(だいせき)林山へ。

以前からガイドブックやパンフレットなどでよく目にしていましたが、
観光地化されている所で人も多いかなーと思い、
敢えて避けていました。

でも旅行前にネットで見たら、意外にも(!)評価が高く、
行ってみることに。



b0157216_22425782.jpg
高速の終点、許田インターで降りた後、北上し
更に山をぐんぐん上ったところにあります。

チケットを購入し、スタッフさんからコースの案内や見所の説明をして頂き、
マイクロバスに乗ってスタート地点へ。

60分と30分のトレッキングコースがあり、
わたし達は60分の奇岩・美ら海パノラマコースを歩きました。

期待以上に、素晴らしい景色に感動。
オフシーズンだったからか、人もほとんどおらず、
静かに壮大な景色を楽しむことが出来ました。

今後行く予定がある方は楽しみが半減してしまうので、この後の写真を見ない方がいいかもしれません。




b0157216_22594925.jpg



b0157216_23062611.jpg




b0157216_23072312.jpg





b0157216_23085842.jpg




b0157216_00005553.jpg



b0157216_23112680.jpg




b0157216_23120129.jpg




b0157216_00024679.jpg




b0157216_23142148.jpg
日本最大級のガジュマルの木など、大きなガジュマルがたくさん。
その大きさに圧倒されました。


そして、、最後の最後で、ハプニングが!
夫のジーンズの裾から、トカゲが侵入。


b0157216_23162916.jpg
どんどん上へ上って来るので焦る夫。



b0157216_23195550.jpg
何とか潰さずにそっと出すことに成功。


↓ここから先は、爬虫類大丈夫な方のみどうぞ。




b0157216_23173300.jpg



b0157216_23535567.jpg




b0157216_23542308.jpg
後でスタッフの方に聞いたら、キノボリトカゲだそう。
わたしだったら、裾から侵入してきた時点で卒倒しそうですが、
生き物をこよなく愛する夫にとっては何よりも嬉しい出来事だったようです。^^








Top▲ by rei-1127 | 2018-12-13 23:55 |
沖縄の旅。 その4 @ココガーデンリゾート

b0157216_22304964.jpg




b0157216_22374522.jpg




b0157216_22580546.jpg
宿は今年もココガーデンリゾートへ。
お気に入りの宿で、十数回目の宿泊。
「ただいまー」という気持ちになります。

なのに毎回「初めてですか?」と聞かれることの不思議。(-_-;)
データが残っていないのか??
まあ、いつもパックツアーで行ってるので、いちいち個人名などは記録されていないのかな。



+ + +


【11月29日】


b0157216_22432629.jpg
朝、7時頃の空。
ちょうど陽が昇るところでした。



b0157216_22450678.jpg
初日の朝ご飯。

朝食はバイキングです。
オムレツは好きな具材を器に入れてシェフに渡し、焼いてもらいます。

麺が数種類あり、こちらも器に入れて渡すと、
野菜と一緒に茹でてくれます。
大好きなフォーもあり、わたしは4日間とも朝からフォーを食べてました。



b0157216_22503134.jpg
ココガーデンの名の通り、お庭がとても広いです。




b0157216_22515700.jpg




b0157216_22530024.jpg



b0157216_22543061.jpg
カメのヤッシー(♂)とココ(♀)に会うのも楽しみの1つ♪




b0157216_22554734.jpg




b0157216_22561499.jpg



Top▲ by rei-1127 | 2018-12-12 23:12 |
沖縄の旅。 その3 @浜辺の茶屋
喜屋武岬を出た後、浜辺の茶屋へ。



b0157216_00313980.jpg




b0157216_00321994.jpg





b0157216_23075719.jpg



b0157216_00363030.jpg
カウンターに置いてある『感想ノート』には
ハングル文字でカップル?の名前が。
絵がとても上手!
ここ数年で、浜辺の茶屋にも韓国や中国の方がかなり増えました。

わたしも20年前に初めて来て以来、毎回このノートに書いています。
過去のノートは奥の棚にずらりと保存されています。




b0157216_00385204.jpg
すっかり人気観光スポットですが、
ここにしかない空気感は変わらず。



b0157216_00392849.jpg
看板ねこちゃんも元気でした!



b0157216_23231164.jpg




Top▲ by rei-1127 | 2018-12-11 23:44 |
沖縄の旅。 その2 @喜屋武岬
Vegetaricaを出た後、喜屋武岬へ。



b0157216_22470154.jpg
ここは初めて沖縄に来てからずっと欠かさず訪れている場所。
以前はもっと鬱蒼としていましたが、だいぶ開けてきて風景も変わりました。



b0157216_22482655.jpg
海の美しさはそのまま。
でもこの美しい海には、とても悲しい記憶が刻まれています。



b0157216_22514249.jpg
平和の塔




b0157216_23085218.jpg


ここで海を眺めていたら、作業服を着た方が話しかけてきて下さり、
戦争時、ここで何が起きたのか、詳しく教えてくれました。

沢山の人が犠牲になった事実。
公にはなっていない話。
沖縄の人たちだけが知る悲しく辛い記憶を、忘れてはいけないと改めて思いました。




b0157216_22522332.jpg
貴重な話を聞かせて下さったおじさま方。
作業服の胸元には、「沖縄平和祈念財団」と刺繍されていました。




b0157216_22584872.jpg
以前は、平和の塔脇の細い道を下まで降りて、
驚く程美しい海の色をすぐ近くで臨むことが出来たのですが、
今は閉鎖されていて、道の面影もなく。。
「ハブに注意」の看板が。




Top▲ by rei-1127 | 2018-12-09 00:11 |
沖縄の旅。 その1 @cafe Vegetarica
先週、3年ぶりに沖縄へ。
帰ってからの気掛かりなことをいくつも抱えての旅でしたが、
行っている間は楽しさが勝り、思い切り楽しんできました。

5日間の旅はとても充実していて、記録に残しておきたいと思いながら、
今までの沖縄旅行記のほとんどが途中で終わっているという前例があるだけに、
今回も果たして最後まで書けるのか全く自信がないのですが(汗)
、、、のんびりと書き進められたら、と思います。


+ + +


【11月28日】

11時半頃沖縄に着いて最初に向かったのは、cafe Vegetarica

旅行前にたまたま目にしたブログで知り、ぜひ行きたいと思っていました。



b0157216_23212720.jpg



b0157216_21254671.jpg



b0157216_21274156.jpg
高台にあるので、とても良い見晴らしです。



b0157216_22321764.jpg
ランチメニュー

どれも美味しそうで迷いましたが、
二人とも木の子と小松菜と鶏ひき肉のペペロンチーノに。

どれも1000yenと、沖縄価格~



b0157216_22363191.jpg



b0157216_22342568.jpg
スープ、サラダ、ドリンク付き。

とっても美味しかった♪


b0157216_22374659.jpg
お店のインテリアも可愛い♡




b0157216_22383904.jpg
お庭からの眺め。
晴れた日には慶良間諸島まで見渡せます。





b0157216_23221608.jpg
旅のスタートにふさわしい、とても素敵なcafeでした。









Top▲ by rei-1127 | 2018-12-08 23:34 |
旅のキロク 2017年 @界 鬼怒川
2017年 鬼怒川温泉旅行の宿は『』へ。
親がスポンサーだったこともあり、「ここにしようよー!」と強く推しました。
親は「星野リゾートって??」という感じでしたが。。(^^;


b0157216_17143537.jpg
敷地が広く、入口から建物前まで距離があり、
更に、宿までは林の中をスロープカーで上ります。




b0157216_14004349.jpg
ロビーでウェルカムドリンクを頂きチェックインした後、
館内の説明をして頂きながら部屋へ。


客室は全48室すべてが「とちぎ民藝の間」
ローベッドとソファを配置した快適空間に
益子焼や黒羽藍染などの伝統工芸をちりばめました


とあるように、栃木の工芸品がそこかしこに置かれています。



b0157216_14021879.jpg




b0157216_14030581.jpg
テラスから。
紅葉が綺麗でした。



b0157216_14061287.jpg
テラスには大谷石が敷き詰められています。




b0157216_14081558.jpg
マットレスは界のオリジナルで、
『芯で身体をしっかり支えながらも、ふわっとした寝心地はまるで雲のよう。』な感触から
「ふわくもスリープ」という名前がつけられているそう。
一年前のことなので寝心地など記憶にないのですが。。




b0157216_14132946.jpg
亜麻(リネン)の素材を丁寧に縫い上げた浴衣や
滑り止め付き足袋型の靴下が用意されていました。
ちなみに館内のサンダルが滑りやすいので、両親のような年寄りにはこの滑り止め靴下は必須です!




b0157216_14154624.jpg




b0157216_14161664.jpg
ピンク色のは風呂敷で、中に歯ブラシなどアメニティグッズが入っていました。




b0157216_14183603.jpg
コーヒーカップは益子焼。




b0157216_14120651.jpg
そんなに広くはないけれど、落ち着いた寛げる部屋でした。



b0157216_14272287.jpg
大浴場の入口には『栃木の日本酒利き酒』があり、
気に入ったお酒があれば夕食時に合わせることが出来るという
粋なサービス♡




b0157216_14310640.jpg
アイスキャンディは食べ放題でした。
嬉しそうに何本も食べる父。。


そしてなにより楽しみにしていた夕食。


b0157216_17053277.jpg
個室のように仕切られた空間で、
一品一品説明を受けながら、大変美味しく頂きました。
期待以上!
丁寧過ぎる説明に父は肩が凝るなーとボヤいていましたが。。(-_-;)

ボリューム満点で、大食いのわたしでさえもお腹いっぱいで苦しく、
デザートのクリームブリュレは部屋に届けて頂きました。


b0157216_16404464.jpg
ロビーにはコーヒーなどのフリードリンクがあります。
ソファの後ろはライブラリーコーナーで本棚には旅の本が並んでいます。

食後は、益子焼の陶楽器による演奏会を楽しみました。


翌朝も温泉へ。


b0157216_14484346.jpg
大浴場へは中庭をぐるっと回って行きます。
冬は寒そうかなー




b0157216_14465666.jpg




b0157216_14473889.jpg




b0157216_14481247.jpg
湯上り処





b0157216_14513755.jpg
朝ご飯はシンプルながらも、
『しもつかれ』など栃木の郷土料理が並んでいて美味しかった。


b0157216_16432899.jpg
チェックアウト後、タクシーが来るまでロビーで待機。
土曜日ということもあり、チェックアウトの時間帯はタクシーも混むようで
前日から予約していました。





b0157216_14525512.jpg
再びスロープカーで下へ。





b0157216_14535963.jpg
接客も気持ち良く、満足な宿でした。


この時仕事で行けなかった夫も一緒に、
また行く機会があればなーと思います。


※宿泊したのは一年前(2017年 11月)なので、情報が古い場合があります。




Top▲ by rei-1127 | 2018-11-07 16:32 |
| ページトップ |