Top

保育士をしながら、夫と二人、まったりと過ごす日々のコトを気ままに綴っています。 
by rei-1127
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
information
+ リンクフリーです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ





■もうひとつのブログ。

オキニイリ。

お気に入りのモノのことを
ときどき綴っています。

■excite以外のLINK

おうちnote
十二月ノソラ

■sozai

mattarihonpo
フォロー中のブログ
petit panier...
オキニイリ。
jaja日記
sakura暮らし
カテゴリ
みなさんへ
日々のこと
cafe
zakka
food
てづくり
うちごはん
そとごはん
おでかけ
おかいもの
風景

cosmetic
おくりもの
gallery
姪っ子

おみやげ
学童保育
本 ・ 映画
photo
思うこと
イベント
マリンバ


hibi

以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
ライフログ
検索
タグ
(14)
(11)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"poppies" Skin
by Animal Skin
神保町へ。
きのうは、神保町へ。
仕事帰りの夫と待ち合わせ、東京堂書店で行われた、

『球体3号』刊行記念イベント
『球体ってなに?』-立花文穂と本のはなし-
立花文穂氏×有山達也氏×石田千氏鼎談


に参加してきました。

ここ数年、石田千さんが大好きになり、
いつも鞄に本を忍ばせています。
日常を丁寧に表現した文章が
胸にすーっと染み入り、心が静かになっていく気がします。
同い年ということもあり、親しみを感じます。

実際にお目にかかるのは初めてで、
わたしが勝手にイメージしていた方とは違いましたが、
ふわっとした柔らかさの中に、凛とした雰囲気を持ち合わせた
とても可愛らしい素敵な方でした。
言葉を選びながら、淀みなく話す姿は本の印象そのものでした。

千さんがきっかけで知ったイベントだったので、
あとのお二人についてはあまりよく知らなかったのですが(汗)
本の装丁や(千さんの本もそれぞれされていました)
ku:nelなど、雑誌のアートディレクターをされているそう。

主にそのお仕事についてのお話がメインでしたが、
多少専門的な部分もあったものの、
雑誌作りのプロセスなどとても興味深い内容でした。

球体3号の表紙を飾ったナベアツさんのエピソードも
可笑しかったです。

こぢんまりとした会場は満員で、
中には佐々木美穂さん(ユロさん、教えてくれてありがとう♪)や、
高橋みどりさんのお姿もあり、、
昂ぶった気持ちで会場を後にしたのでした。


b0157216_934262.jpg

書店の店長さんが
「店にとってはあまり縁起のいい題名ではないのですが、、笑」と紹介されていた
千さんの新刊「店じまい

鼎談の後、サインをいただきました。
筆ペンで丁寧にひとこと添えてくださり、
さらに色鉛筆で絵を描いてくださいました。

Top▲ by rei-1127 | 2008-10-04 10:09 | イベント
<< AMULET。 | ページトップ | ひとりランチ。 >>