人気ブログランキング |
Top

保育士をしながら、夫と二人、まったりと過ごす日々のコトを気ままに綴っています。 
by rei-1127
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
information
+ リンクフリーです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ





■もうひとつのブログ。

オキニイリ。

お気に入りのモノのことを
ときどき綴っています。

■excite以外のLINK

おうちnote
十二月ノソラ

■sozai

mattarihonpo
フォロー中のブログ
petit panier...
オキニイリ。
jaja日記
sakura暮らし
カテゴリ
みなさんへ
日々のこと
cafe
zakka
food
てづくり
うちごはん
そとごはん
おでかけ
おかいもの
風景

cosmetic
おくりもの
gallery
姪っ子

おみやげ
学童保育
本 ・ 映画
photo
思うこと
イベント
マリンバ


hibi

以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...
ライフログ
検索
タグ
(20)
(20)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(10)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"poppies" Skin
by Animal Skin
一週間。
地震から一週間が経ちました。
恐怖、不安、悲しみ、虚無感、大切な人への思い、、
自分の中でいろいろな感情が湧いた日々でした。


ここ東京でも様々な混乱が生じていますが、
被災地の方達を思えばそれは本当にささやかなこと。
それを重々承知の上で、自分自身の日々のことをすこし。。


地元のローカル線は終日運休が続き、
夫を途中駅まで送ることは出来ても
自分は移動の手段がないため身動きとれず、、

水曜日になってようやく運行し、仕事に行くことが出来ました。
ずっと会いたかった子ども達!

いつもと変わらない元気いっぱいの子ども達に、
元気をいっぱい分けてもらいました。

ただ、元気にはしているけれど、
一人でトイレに行けなくなったり、
いつも以上に抱っこやおんぶを求めてきたり、、
口には出さないけれど、大きな不安を抱えているようです。
お昼前に余震が起きたときは、
その後震えが止まらずご飯を食べられなくなった子もいました。

b0157216_9211361.jpg

すべての子ども達の笑顔が守られますように!
子ども達の未来が明るいものであることを、強く強く願います。

日本の経済がストップしたら、被災地の復興も遅れてしまう。
働きに行っているお父さん、お母さんが安心して仕事出来るように、
この子達をしっかりと見守ることがわたし達の仕事だと、思いを新たにしています。


+ + + + + +



わたしの住む街でも、計画停電が予定通り実施され始めました。
おとといは夜の時間帯でしたが外出中だったので体験せず、、
きのうは昼間だったので特に支障もなく過ごせました。
冷蔵庫も開け閉めしなければ問題ないようです。


今一番心配なのはガソリンです。
一日おきに透析している義父の病院送迎をしているのですが、
ガソリンの残量が少なく、あと1回か2回くらいしか行けそうにありません。

スタンドはどこも大渋滞で、数キロに渡って並ぶ車で1車線潰れています。
スタンドからスタンドの列が繋がるほどです。

2車線ある道路はまだ良いのですが、
夫の実家に行くまでの道路は1車線ずつしかなく、その車線が潰れているので、
義父を乗せたあとは、うんと山奥の裏道を抜けて戻るしかありません。

車がないと生活できない地域なので、命綱であるガソリンを入れるために
みな必死なのでしょう。
9時開店のところ、夜中から7、8時間並んでも一人10ℓまで、
それでも入れられれば良いほうだそう。

あと一週間もすれば落ち着くのでは、、という情報に期待していますが、
来週あたりいよいよ並ばないといけないかもしれません。


義父を送った帰り、スーパーの前を通ると、
どこも開店前から列が出来ていました。

多少の不便や不足を感じたとしても、それは本当に些細なことのはず。
みんなが普段どおりに過ごしていれば、
おそらくモノが足りなくなることもないだろうになあ。

今、あちこちで目にする、
「取り合えば足りない、分け合えばあまる」の言葉。
まさにその通りだなあ、と思います。

せめて、買い占められたモノたちが無駄にならないことを願います。
Top▲ by rei-1127 | 2011-03-19 10:51 | 日々のこと
<< 想像することでつながる | ページトップ | 被災軽微な人が今すぐできる4つの支援 >>