Top

保育士をしながら、夫と二人、まったりと過ごす日々のコトを気ままに綴っています。 
by rei-1127
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
information
+ リンクフリーです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ





■もうひとつのブログ。

オキニイリ。

お気に入りのモノのことを
ときどき綴っています。

■excite以外のLINK

おうちnote
十二月ノソラ

■sozai

mattarihonpo
フォロー中のブログ
petit panier...
H made market
Animal Skin ...
オキニイリ。
jaja日記
sakura暮らし
ひとりぼっち
カテゴリ
みなさんへ
日々のこと
cafe
zakka
food
てづくり
うちごはん
そとごはん
おでかけ
おかいもの
風景

cosmetic
おくりもの
gallery
姪っ子

おみやげ
学童保育
本 ・ 映画
photo
思うこと
イベント
マリンバ


hibi
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"poppies" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:gallery( 31 )
Top▲
cafe genro & ちひろ美術館
先日、ちひろ美術館へ。

美術館へ行く前に、genroでランチ。

b0157216_21564776.jpg
いつも、ちひろ美術館とセットでここでのランチを楽しみにしています♪


+ + +


b0157216_2221363.jpg
ちひろ美術館
 
訪れるのはこの時以来、2年ぶり!

【開館40周年記念 Ⅰ/日本デンマーク国交樹立150周年】
ちひろと世界の絵本画家コレクション 
わたしのアンデルセン 
と、
【開館40周年記念 Ⅰ/日本デンマーク国交樹立150周年】
デンマークの心 イブ・スパング・オルセンの絵本


を開催中。  *明日(5月14日)まで


親指姫や人魚姫など、幼い頃から親しんできたアンデルセン童話を
ちひろさんはじめ、国内外の絵本画家の方たちがそれぞれの思いを込めて描いていて、
とても見ごたえがありました。
やっぱり原画は印刷と違って筆使いが直に伝わり、感動します。

b0157216_2231532.jpg
大好きなつきのぼうやのオルセンさんの原画も見られて良かった。






[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2017-05-13 23:04 | gallery
ちひろ美術館
genroを出た後は、ちひろ美術へ。

b0157216_1912533.jpg

絵本になった!『窓ぎわのトットちゃん』展
<企画展>聖コージズキンの誘惑展
5月24日まで開催中です。

b0157216_19275870.jpg
こちらの部屋は撮影OKでした。

b0157216_19283961.jpg
コージさんワールドを二人占め。
贅沢な空間でした。

b0157216_23143631.jpg


b0157216_23145680.jpg


b0157216_19291491.jpg


b0157216_19333759.jpg

どちらかというと、大好きなスズキコージさんの展示が目当てだったけど、
トットちゃんの絵もとても良かった。

b0157216_233356.jpg

ちひろさんの絵は、いつ見ても、じわーっと心があったかくなります。


+ + +


b0157216_2342262.jpg
家にあったコージさんの絵本。
どれもこれも笑っちゃうくらいナンセンスだけど、最高にいい。
特に呑みながら見ると(笑)、楽しさ倍増。

b0157216_23104162.jpg
20年近く前に描いて頂いたサイン本も!

でも一番好きなやまのディスコが見当たらず。。
なぜー??泣

[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2015-05-16 23:30 | gallery
那須の旅。その4. 藤城清治美術館
ホテルを出たあと、藤城清治美術館へ。

ホテルに置いてあったパンフレットを見て、初めてこの美術館を知りました。
ガイドブックにも載っていなかったし、そんなに有名なところではないのかなーと
ネットで検索してみると、一週間前にグランドオープンしたばかりのよう!

思った以上に大きな美術館で、
駐車場は開館時間を少し過ぎたばかりなのに、ほぼいっぱい。

b0157216_18511350.jpg


b0157216_1852179.jpg
入り口から素敵で期待が高まります。

b0157216_18525894.jpg


b0157216_1904543.jpg
敷地内にある教会には、

b0157216_1924340.jpg
藤城さんの作品、ステンドグラスが施されています。

b0157216_1941297.jpg


b0157216_1934144.jpg


b0157216_19582897.jpg


b0157216_1995434.jpg
緑の中に美術館が見えてきました。

b0157216_19131531.jpg
中はもちろん撮影禁止なので、写真はここまでですが、
御歳89歳になる藤城さんが、ひとつひとつ魂込めて作り上げてきた作品は
どれもため息が出るほど素晴らしく、実に見ごたえがありました。
2時間近くかけて見終わったあとは、「いいものを見たなあ」と
なんともいえない満足感でいっぱいに。

美術館の造りや展示の仕方も工夫されていて、あちこちに遊び心があり、
かなり楽しめました。

この美術館を観るためだけでも、那須へ行く価値ありますよー!


b0157216_19364247.jpg

後日、わたしがここに行ったことを知らずに母が
「藤城清治さんの美術館に行ってみたい」と言ったのでびっくり。
「この間、行ってきたよ」と言うととても羨ましがられました。
美術館がオープンする前に、徹子の部屋に出演されていたのを見たのだそう。
いつか、母を連れて行ってあげたいな。

[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2013-07-05 22:45 | gallery
小島一郎展&ランチ@橋本
きょうは幼なじみのB子と橋本へ。

B子の友人が橋本にある画廊『うめのえ』で絵の個展をされていて
一緒に観に行きました。

b0157216_22205039.jpg


b0157216_22224219.jpg
b0157216_22225238.jpg
b0157216_222357.jpg


画家のお名前は小島一郎さん。

教習所に勤めていましたが、2009年6月細菌性心内膜炎から脳幹梗塞を同時発症。
手術しても助かる見込みは1%、助かっても植物状態と告知される。
運良く助かったが、重度の障害で車椅子生活。
倒れてから3ヶ月間呼吸器を付け瞬きのみの意思表示で寝たきり。
体の機能は8割失われ、現在もリハビリが続くが、
感性・感情は全く失われていないことに日々感謝している。
生きていることの素晴らしさを強く感じる。
両手に麻痺が残っているため、右利きだが麻痺が強いので作品は左手で描いている。
(紹介文より)


利き手ではない左手で描いているとは思えないほどの緻密な絵。
つるつるのもの、ふわふわのもの、ざらざらなもの、、質感が手に取るように
伝わってきます。
小島さんの優しい眼差しを通した絵に、温かい気持ちに包まれました。

個展は17日までの予定でしたが、好評で来月30日まで延長されたそうです。
(月、火休)
お近くの方、ぜひ行かれてみてくださいね。


+ + +


画廊を出てすぐのところに、いい感じのレストランがあり入ってみることに。

b0157216_22451598.jpg

b0157216_2245296.jpg
TIFFA

まだ11時半だったのに既に何組かのお客さんがいらっしゃいました。

b0157216_22463422.jpg
美味しそうなメニューがたくさんで迷った末、ふたりとも和風ハンバーグに。
美味しかったー!

次から次へとお客さんが来ていて常に満席状態。
帰ってからネットで見たら、30年前から地元の方に愛されている
老舗の洋食レストランのようです。

クチコミを見るとカニクリームコロッケがこのお店の名物だったよう~
また行く機会があったら、食べてみたいな!

雪の予報で早めに帰宅。
短い時間でしたが、幼なじみのB子と楽しいデートでした。
[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2013-02-15 22:56 | gallery
友の展示会。
水曜日、友Jちゃんが参加している展示会を見に根津へ。

b0157216_21495297.jpg
The color of autumn ー繊維工房 Le poiluー
きょねんの春と同じギャラリーTENにて。
織物教室に通う生徒さんたちの作品展です。

↑この素敵な看板も生徒さんたちによる織物だそう。
(写真がボケてしまい、ごめんなさい)

b0157216_22122654.jpg
今年のJちゃんの作品、ショールと巻きスカート。
素敵でしょ~!
更に腕を上げていてびっくりです。

b0157216_2214049.jpg
この織機で織ったのだそう。
Jちゃんが糸のかけ方などを説明してくれました。
(わたしはちんぷんかんぷんなので、夫に。笑)

b0157216_22153980.jpg
このハンチングもJちゃん作。
(写真では巨大に見えますが、普通の大きさです。笑)
ハンチング好きの夫がかぶらせてもらいましたが、とてもいい形でした。

b0157216_221911.jpg
生徒さん達がそれぞれ秋をイメージして作ったちいさなマットを連ねて、秋色の山に。
Jちゃんもいろんな織り方で十数枚作ったそう!

織り方によって雰囲気ががらっと変わり、それぞれ生徒さんたちの個性が出ていて
とても楽しい展示でした。織物って奥深いなあ。
いいものを観させてもらいました!


Jちゃんにギャラリー近くのパン屋さん、Bonjour mojo2(もじょもじょ)のパンを
お土産にもらったのですが、
もちもちしていてとっても美味しいパンでした♪

[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2012-10-19 22:50 | gallery
国立へ。
きのうは義父母と国立のコート・ギャラリーへ。
夫が小学校1年生の時担任だった先生の奥さまの展示会を見に行きました。

b0157216_17564836.jpg
水彩で描かれた花が壁いっぱいに咲いていました。

b0157216_17593570.jpg
透明感のある優しい色づかい。

b0157216_1814327.jpg
展示されていた扇子の中から、好きなのを選んで!と言っていただき、
どれも素敵で迷っていたら
「あなたにはコレが似合うわー」とノウゼンカズラを選んでくださいました。
今の時期、あちこちで咲いていますね。
大好きな花なのでうれしい♪


夫が通っていた小学校は村のちいさな学校で、夫の学年も一クラスしかなく、しかも生徒は5人だけ。
担任だった先生は、都会からこの村に家族で移り住み、お店をやっていた夫の実家と懇意にしていたそうで、
その後転居された後も、ずっとお付き合いがあるのだとか。
今でも小学校の先生と家族ぐるみでお付き合いがあるってすごいなー。
わたしも初対面だったのに大好きになってしまったほど、とっても素敵なご夫妻でした!



+ + +


近くの匙屋さんにも寄りました。

b0157216_18281273.jpg
匙屋の店主、あつしさん、かよさん夫妻も国立に来る前に
夫の実家よりさらに山の上で暮らしていたことがあり、
義父母とも顔見知りです。

b0157216_18295054.jpg
奥の作業場を改装してお店のスペースが広くなってから行くのは初めて。
更に素敵なお店になっていました。

b0157216_18302716.jpg
今、 「 two tone 」 -となり合うふたつの色- というテーマで作られた
作家さんたちの作品が展示されています。
素敵なモノがいっぱい!
またゆっくり見に行きたいなー。
[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2012-07-22 19:14 | gallery
CLASKAへ。
きのうはJちゃんを誘って、中目黒にあるギャラリー&ショップ CLASKAへ。
友人のトミーこと冨山麻由子チャンも参加している、展示会を見てきました。

b0157216_23152733.jpg
益子で出会い、現在はそれぞれの地でそれぞれの表現活動を続けている
11人の作家さんたちによる、陶芸、染織、組紐、木工、、など素敵な作品がたくさん!

、、とオススメしながら、展示会はきのうが最終日でした。
(ゴメンナサイ)

展示会の様子はコチラでご覧になれます。

ひさしぶりにトミーや、お友だちの作家さんと
いろいろお喋り出来て楽しいひとときでした♪

CLASKA、ずいぶん前に夫から「いいよ!」と聞いていたのだけど
なかなか行く機会がなく、今回が初めて。

想像していたよりも建物が大きくてびっくりでした。
(ホテルも併設されています)

ランチは下のダイニングカフェで頂きましたが、ものすごいボリューム!
わたしだから完食出来たけど(笑)、ふつうの人にはかなり多いんじゃないかなー。

その後、渋谷に出てヒカリエへ。
こちらも初訪問。
日曜日だし、SALEも始まっていたし、で結構な人出でした。



+ + +


きょうはひさしぶりに仕事へ。
家を出てマンションの自転車置き場で、職場に買ったお土産を忘れたことに気づき
大急ぎで取りに戻り、「あー、思い出して良かったー」と思ってたのに、、、
その後の電車でうっかり網棚に置いてしまい、、、
見事忘れてきました。

職場から、JR忘れ物センターに何十回と電話しても話し中のツーツー音。
そんなにみんな電車に忘れ物するのか?

今までも何度となく電車に忘れ物したけど出てきたことはほとんどなかったので
今回もダメだろうな。
(っていうか「網棚は厳禁!」とあれほど気をつけていたのに、、学習しようよ、わたしー)

こんなことなら家に忘れてきた方が良かったよ。泣
[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2012-07-02 23:46 | gallery
genro cafe & ちひろ美術館
きのうから珍しく夫が3連休。
こんなことはあまりないので、どこか遠出しようかとも思ったけど
どこに行っても寒そうだし、、
なにより今月はいろいろと散財しているので近場でいいかとあれこれ考えた末、
ちひろ美術館に行くことに。

29日まで『谷川俊太郎と絵本の仲間たち』というタイトルの企画展をしていて
仲間というのが、堀内誠一さん、長新太さん、和田誠さん、という
とても魅力的な方々なので、ぜひとも行かなくては!と思っていたのです。

1時半頃地元の駅を出て、美術館のある上井草駅には2時過ぎに到着。
連絡がいいと、意外に近いのです。

美術館へ行く前に、genroカフェへ。

b0157216_2351210.jpg
前に美術館に来たときにも寄ってとても気に入り
また美術館に行く時は絶対に寄りたいと思っていました。

前回はお茶でしたが、今回はランチをいただきました。

b0157216_23111619.jpg
サラダと、
b0157216_23112819.jpg
パスタと、
b0157216_2311397.jpg
ドリンクがついて1000円~1400円。
(14時~16時まではランチメニューがどれも1000円になります!)
*現在はしていません。

b0157216_23144859.jpg


b0157216_2315757.jpg
店内には古本が並んだ本棚がたくさんあって
読むことも買うことも出来ます。
オーナーさんのセンスが光る、素敵な本ばかり。
美術館の企画展に合わせて、長さんや和田さんの本を揃えてあるのもすごい!

b0157216_2310138.jpg
ここも、雰囲気もお料理も接客も全部はなまる、とても心地よいカフェ。
次回はディナーでお邪魔したいな。

*すぐ近くに、カフェ系列の和文具・和雑貨を扱ったお店 玄廬(GENRO)もあります。


カフェでゆっくりした後は、ちひろ美術館へ。

b0157216_23344579.jpg

ちひろさんの絵はやっぱりいいなあ。
あどけない子どもの姿、色彩の美しさにほれぼれ、
見ていてやさしい気持ちになります。

印刷されたものより、圧倒的に原画がいい。
たいがいそういうものだけど、ちひろさんの絵は特にそう思います。

企画展もとても良かった。
谷川さんの詩が胸に沁みました。

堀内さん、長さん、和田さんそれぞれの絵もすばらしく、
三人三様の世界を楽しみました。


乾いた土にじわーっと水が沁み込んだような、そんな思いで帰りました。
(水を得て初めて自分が乾いていたことに気づくのだけど。苦笑)
[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2012-01-14 23:50 | gallery
『つながるいのち』展
小机邸に行ったあと、隣町の青梅にあるギャラリーパピエコレへ。

b0157216_12125851.jpg
パピエ・コレ 東日本大震災支援活動
「つながるいのち」プロジェクト 20110311

「つながるいのち」展
2011年4月29日(昭和の日) 5月1日(日) 5月3(憲法記念日) 5月4日(みどりの日)
5月5日(こどもの日) 5月8日(日) 日曜、祭日のみ開催
13:00~18:00


オーナーの山田氏が、支援のために企画したイベントで、
賛同された作家さん達が協力し、作品の売り上げすべてが
義援金として寄付されるそうです。

b0157216_12165711.jpg


b0157216_1216514.jpg
2階の窓からおなじみ、わんちゃんがお出迎え。


ギャラリーには作家さんたちの思いが込められた、
素敵な作品がびっしりと並んでいて、
その中からいくつか我が家に連れて帰りました。

b0157216_12224383.jpg
ポケットの形をした花器は、キッチンの柱に。
料理しながらふと目に入るとホッとします。

b0157216_12234991.jpg
ちいさいけれどずっしりと重く、存在感のある蝋燭立て。
凛とした和蝋燭がよく似合います。


+ + + + + +


b0157216_12395321.jpg
帰りにお酒を買いに澤乃井園へ。
清流ガーデンで川を眺めながら美味しそうに呑んでいる人たちを見て、
今度は電車で来よう!と思ったのでした。
[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2011-05-01 12:36 | gallery
小机家住宅。
きょうは、近くの小机家住宅へ。

b0157216_2045960.jpg
小机家住宅は明治8年(1875年)頃に建てられた和洋折衷様式の建造物で、
昭和62年に東京都有形文化財に指定されています。

この小机邸が喫茶室としてopen(金土日のみ)することになったと知り、
早速行ってみたところ、
犬塚勉絵画展(5月1日まで)が開催されていました。

b0157216_2071571.jpg


犬塚勉さんは、武蔵五日市に在住し奥多摩の自然を愛した画家で、
1988年に、絵を描くために訪れた谷川岳で遭難し38歳の若さで亡くなられたそうです。

この方の絵が素晴らしかった!
「これ、写真じゃないの?」と見間違えるほどの絵ですが、写真の良さとはまた違う、
犬塚氏によって切り取られ、彼の目を通して描かれた世界がそこにありました。


b0157216_20254587.jpg

そして、2階の部屋では、中学時代、犬塚氏に美術を教わったという
チェリストの三宅さんによる演奏会もありました。
犬塚氏が好きだったバッハなど、絵に囲まれて聴くチェロの音色にうっとり♪


b0157216_20264318.jpg
喫茶室でいただいたコーヒーとケーキも絶品。
喫茶室をされているのは、このお屋敷に今も住んでいる小机夫妻なのです。

b0157216_20335510.jpg


b0157216_2034318.jpg


明治にタイムスリップしたような、、不思議な気持ちに。
思いがけない素敵な出会いもあり、いい時間を過ごしました。
[PR]
Top▲ by rei-1127 | 2011-04-29 20:42 | gallery
| ページトップ |